Back to page

− Links

− Comments

 Print 

夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」 :: NeverLand Musical Factory

xpwiki:上演/2019-01-27夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」


概要 anchor.png[4]

Page Top

メンバー anchor.png[13]

Page Top

キャスト めぐち ともみ あやみ anchor.png[14]

Page Top

スタッフ なつみ のむら さかい anchor.png[15]

Page Top

内容 anchor.png[16]

Page Top

「ウエディング・ベルが鳴る前に」[5] anchor.png[17]

Page Top

挿入歌「ウエディング・ベル」 anchor.png[18]

  • ウエディング・ベル[6]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • 照明などの助けがないのと、サウンドの作り方で、前回公開したときよりも少しちょっとロックよりになったような感じがして好みです。
  • あやみのソロ&コーラス
Page Top

挿入歌「ひととき・つれづれ」 anchor.png[19]

  • ひととき、つれづれ[7]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • 初演の時には大きく歌詞を間違えたのですが、今回はきちんと歌ってくれてほっとしました。そうしたら、なんと録画用ビデオカメラの三脚が倒れるという事故が。歌っている本人にはまったく責任はないのですが、彼女がソロを取ると何かが起こるのかも、と思わされた一曲でした。
  • ともみのソロ
Page Top

挿入歌「ほら、ホラー」 anchor.png[20]

  • ほら、ホラー[8]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • 歌うたびに表現に工夫をしてくれて、時々びっくりさせられる歌です。今回のステージでは、特に歌い終わりの表現とそのあとにびっくりし、そしてうなりました。
  • めぐちのソロ
Page Top

挿入歌「ガンバレ、あたし」 anchor.png[21]

  • ガンバレ、あたし[9]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • 二度目の発表になって、滑舌というか、言葉の表現が少しいい感じになったかな。最初の時よりも楽しんで出来るようになったようか感じがします。
  • コーラス
Page Top

挿入歌「その夜のこと」 anchor.png[22]

  • その夜のこと[10]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • これも、初演の時からいろいろと表現を工夫してくれていて、心にじんと入ってくる歌になりました。作者冥利に尽きます。
  • あやみのソロ
Page Top

挿入歌「わたしはわたし」 anchor.png[23]

  • わたしはわたし[11]
  • 2019年1月27日
  • 千葉市南部青少年センター
  • 夢チャレンジ2019「ウエディング・ベルが鳴る前に」
  • この公演のためにアレンジを少しだけ変えました。だけど、改めて聞くととっても自己満足的な違いしかないですね。むしろ、メンバーの歌い方が変わったことの方が面白いです。ちょっとずつ解釈が変わっていくものなのですね。
  • コーラス
Page Top

カーテンコール「トロフィー」 anchor.png[24]

  • キャスト全員と、酒井がギターで参加。
Page Top

こぼれ話 anchor.png[25]

  • 今回初めて、南部青少年センターのホールでピンマイクを私用しました。今まではスタンドマイクだったので、踊ったり芝居をしたりするときには生声で頑張っていたのですが、今回の楽曲の性格上、やっぱりある一定以上の音量がほしくて使わせていただきました。今までよりも迫力のある、しかも聞き取りやすいサウンドになっていると嬉しいのですが。
  • ラストがちょっとだけ変更になりました。前回の公演が終わってから、最後にもう人盛り上がりほしいなと思った作者が、夜中にふと思いついた落ちです。緞帳が閉まった後にどうなるのかは、自分でもよくわかっていないのですが。
Page Top

関連情報 anchor.png[26]



コメント一覧

KAZU  投稿日時 2019-1-27 14:27
ともあれ終了いたしました。見に来てくださった方々、青少年センターや淑徳大学のスタッフの皆さまに感謝です。ありがとうございました。
なんかばたばたしてミスの多い上演でしたが、気持ちよく終えることができました。個人的には、記録用のビデオ撮影を失敗したのが一番ショックですが、まあそれは内輪のことですよね。
カーテンコールで客席に目をやった時、いろんな顔を見ることができて、驚くやら嬉しいやらで、ますます頭の中が真っ白になってしまいました。生の舞台の楽しいところの一つでもあります。
1年間やってきたこの芝居とも、とりあえずお別れです。大事に育ててくれたメンバーにも、心からのありがとうを送りたいと思います。
Yagi   投稿日時 2019-2-3 22:16
昨年から南部青少年センターでの公演を観させていただいてますが、今年の作品は昨年より確実にパワーアップしており、作品に引き込まれ、あっという間に終演となってしまいました。
今後も、みなさんの活動を楽しみにしてます。お疲れ様でした。
KAZU  投稿日時 2019-2-3 22:20
ありがとうございます。
公演が終わり一息ついて、次は何をやろうか考え中です。メンバーそれぞれ自分の生活がありますので、思うように行くことばかりではありませんが、また楽しく、自分たちらしくつくっていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
KEN   投稿日時 2019-2-6 10:29
最初から最後まで、惹き込まれる楽しい舞台でした。歌もとても素晴らしく、歌声もそうですが歌詞にもグッと来るものがありました。時々クスっと笑ってしまったり、展開に驚かされたり。本当に楽しい時をプレゼントしていただきました。ありがとうございます。一つのものを創り上げる大変さとそれに勝る充実感と、学生の頃の一生懸命さを思い出しながら観ていました。これからも頑張ってください!次の舞台もまた観に行きます!
KAZU  投稿日時 2019-2-6 16:06
ありがとうございました。歌詞を褒めていただくことはあまりないので嬉しいです。本サイトには酒井が作った楽曲の歌詞も掲載してありますので、よかったら読んでくださいね。

まずは自分たちが充実して活動しなければ何にもならないと思っています。学生時代には学生時代なりの、今には今なりのやり方があると思いますが、共通するものもたくさんあると思います。

今後ともよろしくお願いします。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Last-modified: 2020-01-01 (Wed) 16:33:27 (JST) (151d) by KAZU