NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 活動の記録 > 上演 > 2018-10-07きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」

概要 anchor.png

  • 2018年10月7日(日)午後3時50分〜4時50分
  • 君津市民文化ホールにて
  • きみぶん演劇祭2018に、一般団体として参加しました。
Page Top

メンバー anchor.png

Page Top

キャスト めぐち ともみ あやみ anchor.png

Page Top

スタッフ みずこし のむら さかい anchor.png

Page Top

内容 anchor.png

Page Top

「ウエディング・ベルが鳴る前に」 anchor.png

Page Top

挿入歌「ウエディング・ベル」 anchor.png

  • ウエディング・ベル
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • 音響さんと照明さんが頑張ってくれて(もちろん歌い手さんたちも)、とってもインパクトのあるシーンになったと思っています。
Page Top

挿入歌「ひととき・つれづれ」 anchor.png

  • ひととき、つれづれ
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • 作者の意図をしっかりと受け止めて、メンバーがすてきな振り付けを作ってくれました。途中で歌がちょっと乱れていますが、ライブの醍醐味ということでお見のがしください、字幕は、作者が作ったとおりに入っています。
Page Top

挿入歌「ほら、ホラー」 anchor.png

  • ほら、ホラー
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • ステージでは、さりげなく入っているダンスも僕は大好きです。
Page Top

挿入歌「ガンバレ、あたし」 anchor.png

  • ガンバレ、あたし
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • 早口言葉のような歌詞に苦戦しましたが、何とか口が回るようになりました。
Page Top

挿入歌「その夜のこと」 anchor.png

  • その夜のこと
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • 「イレブン」という劇を高校生の仲間と上演したときに、この歌を歌ってくれたのが彼女でした。そのときは時間の関係で1番しか歌ってもらうことができなくて、でもとても大切に歌ってくれて印象的だったので、今回彼女がひさしぶりに出演することが決まった時、なんとかしてこの歌をフルコーラスで歌ってもらえないかって考えました。それで、この劇の中に落とし込んだ、というのが楽屋話です。結果的には、彼女のがんばりもあって、この劇の後半をびしっと締めるいいステージになったと思います。稽古をしながら、本人を除くメンバー全員が、いつもうっとりとして聴いていました。歌作りにとって、こんなにうれしいことはありません。ありがとうと言いたいです。
Page Top

挿入歌「わたしはわたし」 anchor.png

  • わたしはわたし
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • この芝居のために作った曲は、自分でも気に入っているものばかりなのですが、特にこの歌は、全体の締めくくりとしていろいろと考えながら作ったので、とても印象深いです。また、メンバーがとても大切に歌ってくれたので、なおさら僕にとって大好きな歌になりました。
Page Top

カーテンコール「トロフィー」 anchor.png

  • トロフィー
  • 2018年10月7日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2018「ウエディング・ベルが鳴る前に」にて
  • 個人的にもずいぶん久しぶりに取り上げたし、NeverLand Musical Factoryで歌うのは(意外なんですが)これが初めてです。勢いのある歌だと思うのですが、改めて自分で歌ってみると、歌詞を覚えるのが大変な歌ですね。2018年6月に買ったギターの、これが初披露です。
Page Top

こぼれ話 anchor.png

  • 今回、音響担当のなつみが初参加です。照明担当と音響担当のスタッフがそろって上演できるのは久しぶりで、とても嬉しいし、上演のレベルがずいぶん上がったように思います。作る側としては、分業でいろんな知恵を絞ってできるのは楽しいものです。
  • 新作オリジナルの台本でした。最初は登場人物2人で書き始めたのですが、途中からあやみが参加し、ずいぶん設定を変えました。2人のままやったら、まったく違う作品になったと思います。たぶん、ずっと苦しい内容になったことでしょう。メンバーが増えるとできることも増える、改めて実感した公演でした。
  • 楽曲は、メンバーの個性に合わせてほとんどを書き下ろしました。特にソロ曲は、本人のイメージ、好みを最大限に生かそうって気持ちで書き、メンバーも喜んでくれたと思います。
  • 後半の盛り上がりのひとつである「その夜のこと」byあやみ は、昔作った「イレブン」という芝居の挿入歌でした。この芝居は、今はなき安房南高校の演劇部のために書いたもので、この歌もとてもすてきに歌ってくれました。この作品を別の機会に取り上げた時、当時高校生のあやみが歌ってくれました。ただその時は上演時間の関係で1番だけだったので、今回改めて取り上げることにしました。あやみが期待に応えてくれて、骨太で情感あふれる表現をしてくれました。
  • 打ち上げは例によって君津のお店で。家族や旧メンバーも集まり、子どもたちもたくさんいる賑やかな宴会になりました。仲間っていいですね。
Page Top

関連情報 anchor.png



コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 62, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2019-01-12 (土) 16:16:17
最終更新: 2019-02-08 (金) 15:01:09 (JST) (41d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ