NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 活動の記録 > 楽曲 > たぶん天使は

概要 anchor.png

  • 作詞・作曲 酒井一成
  • 制作 1996年秋ごろ
  • 友人の結婚披露宴のために作った歌
    • 彼女の結婚式と披露宴がクリスマスの頃だったんで、こういう歌になりました。とっても歌が上手で、しかも歌うことが好きな子だったので、彼女が歌いたくなるようなイメージで、とっても大切な気持ちで作ったのを覚えています。披露宴で歌ったときにはぎりぎりまで円卓で歌詞を書いていて、たぶん今歌っている歌詞をは少し違ったと思います。最後のフレーズは確か「しあわせを紡ぐ天使になろうね」だったように記憶しています。
  • オリジナルミュージカル「天使のクリスマス Go Together 番外編」挿入歌
    • すごくいい歌だなと自分でも思ったので、クリスマスストーリーを書いたときにちゃっかり使わせていただきました。
Page Top

歌詞 anchor.png

 
たぶん天使は 遠い空の上じゃなくて
人混みの真ん中 照れたように笑ってる
知らん顔して心に翼かくして
喧嘩したり泣いたり 日々を過ごしてる
 
寂しいクリスマス ひとりの夜 小さなプレゼントがある
ほら あの日あなたがサンタクロースだったなら
いつの日か私も天使になりたい
 
疲れた時は心のドアを開いて
あふれ出すメロディ 耳を澄ましてごらんよ
 
懐かしく優しい あの日の歌声
誰もが悲しみを胸に秘めて せつないため息をつくよ
ほら あの日あなたがくれた優しい一滴
いつの日か私も誰かにあげたい
 
できるなら私も天使になりたい
 
人は誰でも白い翼を持っている
忘れないで 誰かを幸せにする力がある
あの日あなたがくれた小さな一滴
世界中にあふれる 大きな祈りに変えて
歌い続ける とても小さな声だけど
幸せであるよう いつも見ているよ
 
こんな私でも 天使になれるよ
 

Page Top

映像 anchor.png

Page Top

2017-10-08きみぶん演劇祭2017「クリスマスひとりの夜に盆踊り」 anchor.png

  • たぶん天使は
  • 2017年10月9日
  • 君津市民文化ホール
  • きみぶん演劇祭2017「クリスマスひとりの夜に盆踊り」より
  • クリスマスソングと言うことで、幕間に歌いました。大きなホールだったので、端っこと端っこで歌うという感じだったのですが、結果的にスケールが大きくなったのではないかと自画自賛しております。
  • ホールのスタッフの人が音の調整をしてくださったのですが、生ギターのバランスがとてもかっこよくて、さすがはプロと舌を巻きました。
Page Top

関連情報 anchor.png


コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 19, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2019-02-11 (Mon) 22:26:55
Last-modified: 2019-02-11 (Mon) 22:26:55 (JST) (72d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ