NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索

 少し前の長編で私立探偵スペンサーの依頼人だったレイチェルから紹介されたロスの女性レポーターが、今回の依頼人である。依頼内容もボディーガードだから、雰囲気としては「レイチェル・ウォレスを捜せ」によく似た感じで始まる。特に、スペンサーとレポーターであるキャンディの人生観の違いと、それを認めた上で生じる美しい友情という流れは、レイチェルの時と同様の流れである。

 ただ、レイチェルとキャンディでは女性としての戦い方がずいぶん異なる。細かく書くことはできないけど、その違いのためにスペンサーの相手への対応は大きく異なっている気がして、自らの美意識を頑固なまでに貫くスペンサーだけど、実は相手の土俵で相手にわかるような形で対処する能力を備えているのかもしれない。とっても人間的で弱さもきっちりと見せてしまう彼が、意固地になっているような格好つけとあいまってなかなか好きである。

 ボディーガードの仕事としては衝撃的な展開をする。初めて読んだときには、しばらくの間呆然とするほど驚いた。そしてそのあとのスペンサーの勢いのすごいこと。鬼と化した、といってよい。そちらにも正直言って唖然としてしまった。そういう点も含めて、スペンサーがすごく人間らしくて印象的である。途中にあるラブシーンも美しい。

 スーザンの登場がないのも、この物語としては大正解だと思う。

2012-08-30



コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 696, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2012-08-30 (Thu) 10:13:30
Last-modified: 2012-08-30 (Thu) 10:13:30 (JST) (2698d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ