NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 週末にはミュージカルを > top > 1970年代 > グリース

グリース - goo 映画

とにかく、楽しい。

アメリカのこの年代の「高校」というのはやっぱり一種独特だし、日本ではなかなかに多様な雰囲気を感じるのは難しいんだけど、一種独特の自由さは素敵で、ほかにまねのできるものはあまりないのだと思う。いいなあ。

その雰囲気にぴったりマッチしているのは、全編を覆うロックンロールで、これはもうどの歌がどうのと言えないくらい、一つ一つの歌が輝きを放っている。まあ、最後の卒業のシーンのいろんな意味での悪のりは、舞台じゃなくて映画になるといかがなものかと思うけれど、それもこの楽しい雰囲気の中であれば許す。

トラボルタは、適当に馬鹿っぽくて最高である。特にスポーツに挑戦するあたりはツボであった。オリビアは、まあよく見ると年齢的に痛々しい感じがしてしまうのであるが、頑張っている、ということにしておこう。

でもこれ、舞台の方が絶対楽しいよ。映画も、その楽しさをちゃんと缶詰にしてくれていると思うけど。


Tag: : ジョン・トラヴォルタ オリヴィア・ニュートン=ジョン ジェフ・コナウェイ ストッカード・チャニング バリー・パール ランダル・クレイザー



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 897, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-10-05 (水) 22:54:58
最終更新: 2011-10-05 (水) 22:54:58 (JST) (2596d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ