NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 週末にはミュージカルを > top > 1940年代 > 踊る大紐育

踊る大紐育 - goo 映画

「踊る大ニューヨーク」と読む。「踊るニューヨーク」はまったく別の作品。紛らわしいことこの上なく、オリジナルタイトルの「オン・ザ・タウン」のほうがずっといい。ニューヨークでしばしの休暇を楽しむ3人の水兵が、どたばた騒ぎのあげくそれぞれの恋人を見つける話。実に脳天気な話を、豪華なキャストで堂々とやっているところがすごい。

上機嫌に楽しい映画で、特にアン・ミラーが登場するシーンのダンスはものすごい。脚線美を惜しみなくさらしながらのタップダンス、内容がたわいなく妙なだけに、ものすごく迫力がある。このシーンだけでも、見る価値がある。男性陣は、ダンスのジーン・ケリーにコミカルなスタンリー・ドーネン、そして歌のフランク・シナトラということなのだと思うけど、特にシナトラは存在感が薄い感じ。その分、女性陣が濃くて魅力的だ。

最後の方のどたばたも含め、派手で楽しい雰囲気に満ちあふれているミュージカル映画ではあるのだけど、ひとつあげるとすればオリジナルタイトルにもなっている「オン・ザ・タウン」である。この「タウン」はニューヨークではなくふるさとの町のこと。ふんわりと遠くに思いをはせるように語りから歌に入っていく冒頭、そして優しいタップダンス、踊る二人の心の通い合いなど、何度見ても心にしみてくるすてきなシーンだ。ミュージカルでなければ出せない世界が、ここにはあると思う。

ちなみに、この映画のもととなったブロードウェイの舞台は、後に「ウエスト・サイド物語」をつくる作曲家と振り付け師のコンビ。必ずしも評価の高い舞台ではなかったようだが、見てみたいものだ。 2011/09/30


Tag: ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン フランク・シナトラ ベティ・ギャレット アン・ミラー ジュールス・マンシュイン ヴェラ・エレン ロジャー・エデンス



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 879, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-09-30 (金) 17:03:53
最終更新: 2011-09-30 (金) 17:03:53 (JST) (2484d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ