NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 週末にはミュージカルを > top > 1930年代 > オズの魔法使

オズの魔法使 - goo 映画

有名すぎるくらい有名な映画。特に「オーバー・ザ・レインボー」という名曲は、ミュージカルの枠を超えて親しまれている。若々しいガーランドが歌っていると、「いい歌だなあ」としみじみ思う。

原作の童話の良さを、素直に映画にしている感じで、今の豪華絢爛な「ファンタジー映像」を見慣れている目には、すごく素朴である。カラー映画が始まったばかりの頃だから、ちょうど今の3Dのように、効果的に意識的にカラーが使わせている。現実の幻想の違いを色で現しているだけでなく、なんとなく色合いが後の「サイケ」を感じさせてかえっておしゃれだ。

オズの住民たちの描き方は、今のようにいろんな技術があるわけではないだけに、ああ工夫しているなあ、と思わせる。時にそれがグロテスクというか、異形のもの的な迫力を持ってしまっている感じがするけど、これはあまり正しい見方ではないのかもしれない。

いずれにせよ、子ども向けの童話・ファンタジー映画としても見られるし、逆に大人でも十分に楽しめる深みのある作品だと思う。子供だましだと思っていると大間違いだと思う。

2012-01-22


Tag: ジュディ・ガーランド フランク・モーガン レイ・ボルジャー バート・ラー ビクター・フレミング



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 931, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2012-01-22 (日) 13:53:03
最終更新: 2012-01-22 (日) 13:53:03 (JST) (2433d) by KAZU
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ