NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 週末にはミュージカルを > top > 2010年代 > ラ・ラ・ランド の変更点
1: 2017-08-16 (水) 11:47:49 KAZU ソース 現: 2017-08-16 (水) 11:49:03 KAZU ソース
Line 1: Line 1:
 +TITLE:ラ・ラ・ランド
#navi(top,nolevel) #navi(top,nolevel)
-#amazon() 
#html{{ #html{{
<div class="booklog_html"><table><tr><td class="booklog_html_image"><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B071L6JSLV?SubscriptionId=0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82&tag=neverlandmf-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B071L6JSLV" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ihNjDnk9L._SL160_.jpg" width="160" height="130" style="border:0;border-radius:0;" /></a></td><td class="booklog_html_info" style="padding-left:20px;"><div class="booklog_html_title" style="margin-bottom:10px;font-size:14px;font-weight:bold;"><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B071L6JSLV?SubscriptionId=0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82&tag=neverlandmf-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B071L6JSLV" target="_blank">ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]</a></div><div style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog_html_author" style="margin-bottom:15px;font-size:12px;;line-height:1.2em">著者 : </div><div class="booklog_html_manufacturer" style="margin-bottom:5px;font-size:12px;;line-height:1.2em">ポニーキャニオン</div><div class="booklog_html_release" style="font-size:12px;;line-height:1.2em">発売日 : 2017-08-02</div></div><div class="booklog_html_link_amazon"><a href="http://booklog.jp/item/1/B071L6JSLV" style="font-size:12px;" target="_blank">ブクログでレビューを見る»</a></div></td></tr></table></div><div style="margin-top:20px;padding:10px;background-color:#f4f4f4;">この映画を作った人は、心からMGMミュージカルが好きなのだと思う。さまざまなところに往年の名作へのオマージュが盛りこまれていて、それだけでもうっとりとしてしまう。特に「Singing in the Rain」を始めとするジーン・ケリー主演作品のイメージがあちらこちらに感じられて、とても嬉しかった。<br /><br />そういう雰囲気の作品だから、もちろん古典的な「Boy Meets Girl」物語なのだけど、そんなふうに見せておいて最後にちゃんと現代的な、大人っぽい苦みのあるひねりがあるところも憎い。<br /><br />ジャズを基本とした楽曲も魅力的だ。ちゃんとミュージカルのお約束をきちんと押さえてあるところに、おしゃれな味わいがくわえられて、思わず口ずさみたくなる。<br /><br />予備知識なしで観ても、おしゃれでほろ苦い傑作映画だと思うけれど、古いミュージカルが好きな人にとっては、ちょっとしたカメラワークや書き割りの隅まで楽しめるマニアックな作品になる。ジャズ好きなら更に美味しいかもしれない。<br /><br />こんな映画を楽しみながらつくるのって、人生の最大の幸せなのだろうと思う。</div> <div class="booklog_html"><table><tr><td class="booklog_html_image"><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B071L6JSLV?SubscriptionId=0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82&tag=neverlandmf-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B071L6JSLV" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ihNjDnk9L._SL160_.jpg" width="160" height="130" style="border:0;border-radius:0;" /></a></td><td class="booklog_html_info" style="padding-left:20px;"><div class="booklog_html_title" style="margin-bottom:10px;font-size:14px;font-weight:bold;"><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B071L6JSLV?SubscriptionId=0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82&tag=neverlandmf-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B071L6JSLV" target="_blank">ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]</a></div><div style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog_html_author" style="margin-bottom:15px;font-size:12px;;line-height:1.2em">著者 : </div><div class="booklog_html_manufacturer" style="margin-bottom:5px;font-size:12px;;line-height:1.2em">ポニーキャニオン</div><div class="booklog_html_release" style="font-size:12px;;line-height:1.2em">発売日 : 2017-08-02</div></div><div class="booklog_html_link_amazon"><a href="http://booklog.jp/item/1/B071L6JSLV" style="font-size:12px;" target="_blank">ブクログでレビューを見る»</a></div></td></tr></table></div><div style="margin-top:20px;padding:10px;background-color:#f4f4f4;">この映画を作った人は、心からMGMミュージカルが好きなのだと思う。さまざまなところに往年の名作へのオマージュが盛りこまれていて、それだけでもうっとりとしてしまう。特に「Singing in the Rain」を始めとするジーン・ケリー主演作品のイメージがあちらこちらに感じられて、とても嬉しかった。<br /><br />そういう雰囲気の作品だから、もちろん古典的な「Boy Meets Girl」物語なのだけど、そんなふうに見せておいて最後にちゃんと現代的な、大人っぽい苦みのあるひねりがあるところも憎い。<br /><br />ジャズを基本とした楽曲も魅力的だ。ちゃんとミュージカルのお約束をきちんと押さえてあるところに、おしゃれな味わいがくわえられて、思わず口ずさみたくなる。<br /><br />予備知識なしで観ても、おしゃれでほろ苦い傑作映画だと思うけれど、古いミュージカルが好きな人にとっては、ちょっとしたカメラワークや書き割りの隅まで楽しめるマニアックな作品になる。ジャズ好きなら更に美味しいかもしれない。<br /><br />こんな映画を楽しみながらつくるのって、人生の最大の幸せなのだろうと思う。</div>


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 133, today: 1, yesterday: 1
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ