NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > みんなの広場 > コンテンツへのコメント > 酒井の日記 > 映画「野獣死すべし」恐るべき負の迫力。でも思ったよりも身近に感じてしまうのが現代なのだと思う。

酒井の日記

(モデレータ: サイト管理者 )

  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が許可されています
  • このフォーラムのRSSを取得する RSS

酒井の日記

対象モジュール 日記・ブログ
件名 映画「野獣死すべし」恐るべき負の迫力。でも思ったよりも身近に感じてしまうのが現代なのだと思う。
要旨 野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]著者 : 角川エンタテインメント発売日 : 2009-10-22ブクログでレビューを見る» 見始めてしばらく経ってから見たことがある映画であることに気がついた。そういえば昔見たときには、ただただ気味が悪くてこわかったような印象がある。今見ても松田優作の作り出す主人公は背中がぞわぞわするような負の迫力があって、すごいと思う。もっとも、大藪春彦の書いた原作とはまったく雰囲気の違う造形で、そのあたりはどうなのかなと思ってしまう。 松田優作もすごいけど、あ...
0件ヒットしました 返信 閲覧 トピック開始 最新投稿
  • = 新しい投稿があります
  • = 新しい投稿はありません
  • = 不可視トピック(管理者とモデレータ以外には見えません)
  • = 特別扱いされたトピック
  • = ロックされたトピック
  • = 未解決トピック
  • = 注目トピック

  条件検索へ


、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ