NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > みんなの広場 > コンテンツへのコメント > 酒井の日記 > 川又千秋「幻詩狩り」よくできたSFでおもしろいんだけど、ラストがちょっとだけ期待はずれ。読んでいるうちに思わず自分でハードルを上げてしまっていたかもしれない。

酒井の日記

(モデレータ: サイト管理者 )

  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が許可されています
  • このフォーラムのRSSを取得する RSS

酒井の日記

対象モジュール 日記・ブログ
件名 川又千秋「幻詩狩り」よくできたSFでおもしろいんだけど、ラストがちょっとだけ期待はずれ。読んでいるうちに思わず自分でハードルを上げてしまっていたかもしれない。
要旨 幻詩狩り (創元SF文庫)著者 : 川又千秋東京創元社発売日 : 2007-05ブクログでレビューを見る» 現代から過去、未来と時間がすらりとわかっていく。登場人物も場所も、リレーのように変わっていく。とある文書が生まれて消えるまでの物語だが、その作品には人類の未来を左右する凶暴な力があるのだ。 特に中盤から後半を占める現代(少しさかのぼるが)日本編は、ある種企業小説的なタッチで進むけれど、登場人物がなにも知らずに爆弾をもてあそんでいるようで、むずむずする感じがしておもしろかった。 とってもおも...
0件ヒットしました 返信 閲覧 トピック開始 最新投稿
  • = 新しい投稿があります
  • = 新しい投稿はありません
  • = 不可視トピック(管理者とモデレータ以外には見えません)
  • = 特別扱いされたトピック
  • = ロックされたトピック
  • = 未解決トピック
  • = 注目トピック

  条件検索へ


、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ