NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 2012-6

KAZU さんの日記

39件のうち1 - 30件目を表示しています。

2012年6月 日記一覧
6月
30 (土)
カテゴリー  まなびやあれこれ
高校国語科の勉強会の時、言いたかったけどそのときには言わなかったこと。N先生 今回の指導案を見た印象ですけど、教える内容としては、実にきっちりしているように思います。特に、「何を」ではなく「いかに」をきちんと教えようとしている姿勢はすばらしいと思います。 実は、そういうこと(ノウハウとか、ルールとか、法則とか、つまり読解をしていくための武器みたいなもの)をちゃんと明示しながら読解をしようとする指導...
続きを読む | 閲覧(4105) 
6月
30 (土)
カテゴリー  本・CD・DVD
#navi #html{{ 黄金 (ハヤカワ・ミステリ文庫)ディック・フランシス早川書房発売日:1993-10ブクログでレビューを見る»フランシスの作品としては、どちらかというと地味である。スタンダードな犯人捜しミステリなんだけど、その方法が、容疑者たちの心理分析、特に現在の人格がどのように形成されていったかを検証することとなっている。地味ではあるけれど、人間ドラマとして深みがある。...
続きを読む | 閲覧(3612) 
6月
29 (金)
カテゴリー  未分類
ごくごくたまになんだけど、自分なりに満足のいく仕事ができたなと思うときがある。もちろん、誰かにほめてもらえるに越したことはないのだけど、そうでなくたって、自分の中にある達成感みたいなもので十分で、周りに向かって「どうだ!」と胸を張ってみたくなるときがある。たまにそんなことがあるから、なんとかなんとか、がんばれるのかもしれない。今日はなんだかうれしかった。ちゃんとできた気がした。せっかく集まってくれ...
続きを読む | 閲覧(3974) 
6月
28 (木)
カテゴリー  未分類
久しぶりにカラータイマーがピコピコ鳴る中で動き続けた気がする疲れた日。よく働いたかなって思う。まだまだ動けるぞ!カウンセリングの話を聴く。全部が全部印象に残る、わかりやすくまた凄みのある講演だった。ネガティブを否定するべきではないという話。ネガティブには健康なネガティブと不健康なネガティブがある。不健康なネガティブっていうのは、要するに「痛い」ってこと。不健康なネガティブをどうやって健康なネガティ...
続きを読む | 閲覧(3665) 
6月
27 (水)
カテゴリー  まなびやあれこれ
高校国語科の勉強会の時、言いたかったけどそのときには言わなかったこと。 「羅生門」の感想で「下人が死んだのは…」というのは衝撃的でしたね、確かに。でも、もし本当に生徒があの物語を読んで、正直にそういう解釈をしたとしたら、そこにはものすごい宝物があります。「なぜ、そう感じたの?」ってことですよね。もし最後の闇に消えていく下人の姿に死をイメージしたのだとしたら、それは作品の本質に肉薄していると思うし、...
続きを読む | 閲覧(3795) 
6月
26 (火)
カテゴリー  デジタルっぽいもの
キンドルが発売されるらしい。やっとといえばやっとである。気になるかと言えば、すごく気になる。今、自炊したPDFはドコモの10インチ版のアンドロイドで見ている。見やすくていいんだけど、ちょっと重い。見やすさや使いやすさではiPadはさすがだった。重いのは同じだったけど。iPadを使わなくなったのは、読書のためではない。読書だけなら、思い思いと文句を言いながら、まだあれを使っていた。ソニーのリーダーは...
続きを読む | 閲覧(4383) 
6月
25 (月)
カテゴリー  まなびやあれこれ
にんじんが嫌いで食べない子に、にんじんを食べさせるのは大変だと思う。にんじんを全然感じさせないくらいに摺り下ろして、にんじんを全然感じさせないくらいに、たとえばカレーのルーに混ぜ込んだりしたら、アレルギーでもない限り、気づかずに食べてしまうかもしれないなとは思う。でもなんだかそれは、にんじんの成分を摂取したとはいえても、にんじんを食べたとはいえないような気がする。多分、にんじんを好きにもならないだ...
続きを読む | 閲覧(4009) 
6月
24 (日)
カテゴリー  まなびやあれこれ
高校国語の先生の勉強会の中で、伝えたかったけど、そのときには言葉にしなかったこと。J先生 「山月記」の授業の最初のほう、「声」の正体を保留にしたのはよかったと思います。確かに、最後の最後に全体を振り返って自分なりの解釈を見つけるような課題ですから。そして、正解というか、たったひとつの解釈を求めすぎる必要もないと思います。ただし、「なんでもいいよ、それぞれでいいよ」も、またよくないのではないかと僕は...
続きを読む | 閲覧(4059) 
6月
23 (土)
カテゴリー  未分類
脳の中は、いろんなことを司る場所に分かれている。聴覚とか視覚とか、思考とか記憶とか、運動とか発話とか。それはまあそれなりに納得もしていたんだけど、そのそれぞれの部分が独立して成長するというか、全部が一緒に20歳なら20歳になるわけではないというのは、今日初めてリアルに説明されてびっくりした。たとえば、思考する部分は大学生並みでも、他人の話を聞き取る部分が小学生くらいとか、話をすることについては問題...
続きを読む | 閲覧(4360) 
6月
22 (金)
カテゴリー  未分類
書きたいことがないというか、一日生きていて心がずわって動くことがあまりないって寂しいなあと思う。無理になんか書こうと思うと、愚痴ばっかり出てきたりしてね。誰かが読んだときに、ちょっとくらい気持ちよくなれるようなことを書きたいと思って、そういうことがないかって自分の一日を振り返ってみるのって、けっこう大切。今日はなかったかもしれないなって思うと悔しいから、明日はあるようにしてやる!って思う。あるんだ...
続きを読む | 閲覧(4673) 
6月
21 (木)
カテゴリー  まなびやあれこれ
高校国語の先生の勉強会の中で、伝えたかったけど、そのときは言葉にしなかったこと。I先生 この指導案、というかこの指導案にこめられた「こころざし」のようなものが、僕は本当に大好きです。あきらめず、「あの世界」が醸し出す匂いを、ぜひわずかでも、先生の手で子どもに届けてあげてほしいと思います。 僕の学校の先生としての原点は、「自分がおいしいと思ったものを相手にも食べてほしいと思う」ってことにつきます。「...
続きを読む | 閲覧(3587) 
6月
20 (水)
カテゴリー  未分類
今日のお昼ご飯は、冷やし中華だった。といっても、コンビニで売っている、透明な容器に入っているもので、しかもミニである。なぜかわからないけど、冷やし中華ってどれだけ食べても物足りなさが残る食べ物で、それだったミニでも同じかなと思って、最近そうしているんだけど、まあ悪くない選択だと思ってる。「冷やし中華をおなかいっぱい食べた」ってなんとなく実感がわかなくないですか?ただコンビニの冷やし中華って、食べ始...
続きを読む | 閲覧(4754) 
6月
20 (水)
カテゴリー  まなびやあれこれ
高校の国語の先生の勉強会の中で、伝えたかったけど言葉にしなかったこと。G先生 詩の授業を苦手としている先生は確かに多いです。僕自身、あの先生のように胸を張ることができればよいのですが、いつまでたっても得意とは言えませんでした。ただ、歌の歌詞という形で子どもたちは案外と詩(詞?)に親しんでいますので、それを上手に使いながらどうジャンプしていくかがポイントになるんじゃないかと個人的には思っています。 ...
続きを読む | 閲覧(4303) 
6月
19 (火)
カテゴリー  まなびやあれこれ
G先生 評論は難しいですね、特にやる気のない生徒に対しては。 評論文に対するアプローチとしては、「なにを」を突破口にするか、「いかに」を突破口にするかがあって、前者はテーマを前面に出し、後者は文章そのものを読むテクニックを大事にしていきます。国語が苦手な生徒には、前者のほうが効果的だ、というのが基本的な考え方だと思います。 極端に言えば、文章に向かい合っている時間をできるだけ減らしてしまうってこと...
続きを読む | 閲覧(3448) 
6月
19 (火)
カテゴリー  まなびやあれこれ
K高校K先生の国語の授業を見せてもらった。新しく始める随想(あるいは評論)の、入り際の1時間である。ある意味、淡々と進む。教科書を使わない導入部があり、教科書を生徒に読ませ、要点をつかませ、板書をする。きりのいいところで、筆者の主張をまとめてすっきりと形にしておく。その中でいくつかの質問があり、生徒の意見を丁寧にすくい取って、授業の展開に当てはめていく。ごく当たり前の、なんのてらいもない授業。鳥肌...
続きを読む | 閲覧(3312) 
6月
18 (月)
カテゴリー  演劇や音楽の話
学校の先生になるのは、最近少しだけ門が広くなったけど、本当に大変だと思う。とにかく、採用自体がないんだから、本当に頑張って頑張って、念願叶って先生になれた人って、本当にうれしいと思う。特に演劇部の顧問になりたくて、実際になれたなんて確率、すごく少ないと思うし、頑張ったなって思うし、頑張れって思う。そんな人、今年に限れば全国で10人もいないと思うぞ。(必死で演劇部の顧問になりたいと思う人自体が、全国...
続きを読む | 閲覧(4356) 
6月
17 (日)
カテゴリー  演劇や音楽の話
僕自身は、ほとんどサイトの更新情報しか流していないのだから、偉そうなことをいうわけにはいかないことは承知しているのだけど、最近はFACE BOOKが一番気持ちがいい。twitterは気軽でいいんだけど、連続ツイートを流す人が多くて、読んでいて疲れる。個々が読むべき価値のある140だといいんだけど、個別には意味を持たない断片が、時に順序を変えてやってきたりするといらいらする。そんな人フォローしなけれ...
続きを読む | 閲覧(4715) 
6月
17 (日)
カテゴリー  本・CD・DVD
初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)ロバート・B.パーカー早川書房発売日:1988-04ブクログでレビューを見る»スペンサーシリーズの代表作と言っていいと思うけど、僕はなぜかもうひとつ好きになれないでいた。物語の内容に倫理的な不信感を感じることはないのだけど、夫婦に対する視線が相対的に少し厳しすぎるんじゃないかと感じてしまうのだ。たとえば、「誘拐」だって「ゴッドウルフ」...
続きを読む | 閲覧(3356) 
6月
16 (土)
カテゴリー  本・CD・DVD
動物園の鳥 (創元推理文庫)坂木司東京創元社発売日:2006-10-11ブクログでレビューを見る»引きこもり探偵シリーズである。本作くらいになると、引きこもりというよりもただの奇人変人という感じになる。どちらかというと、僕は嫌いだ。ミステリとしては、本当にどうということもない話である。とりたててトリックがあるわけではないし、論理性があるわけもない。特に意外性もないし、事件が起こって解決す...
続きを読む | 閲覧(3631) 
6月
16 (土)
カテゴリー  まなびやあれこれ
指導案を見せてもらい、話し合いがあった後で、僕が伝えたかったこと。F先生 漢文の、送り仮名、返り点、訓読というあたりは、ルールが明確で、できたかできていないかがはっきりしていますから、そして短時間で機械的に結果が出ますから、僕はわりあい国語の匂いを消して、パズルゲームのような感覚で、教室を盛り上げながら乗り越えてしまうのをパターンとしていました。先日も話した矢印方式を使い、全体指導の中ではパズルと...
続きを読む | 閲覧(4061) 
6月
15 (金)
カテゴリー  未分類
中学校や高校の先生が数人集まって語り合う趣向なんだけど、ちゃんとプロの人が原稿に仕上げてくれる。それをゲラの形で確認させてもらうわけだ。すごいなあ。こんなにいいこと言っているのは誰だ、と思って読むと自分だったりする。整わない言葉の中から、こちらの言いたいことをちゃんとくみ取って、きちんと生きた言葉に整えてくれている。プロってすごいです。なにより、とっても嬉しいですね、こういうの。雑誌の発行が楽しみ...
続きを読む | 閲覧(3532) 
6月
14 (木)
カテゴリー  未分類
仕事の関係で、企業さんをいくつか回る。千葉にある百貨店の方にお話を伺っていたのだけど、木更津のアウトレットモールが出来て、一気に売り上げが減ったという。にこやかな顔をしていらっしゃったが、本当に大変なんだと言うことが笑顔の後ろに見え隠れしていた。見えるところばかりしか見ていないけど、僕から見た「裏側」が表側の人もたくさんいるんだなと思う。もちろん、木更津を応援する気持ちに一点の陰りもないけれど、こ...
続きを読む | 閲覧(3434) 
6月
13 (水)
カテゴリー  未分類
今日は土曜日に出勤した振り替えでお休みをもらうつもりだったのだけど、いくつか気になっていることがあって、とりあえずいつも通り出勤をした。だいたいそういうことをするとろくなことにならないもので、次から次へと仕事がわいてきて、結局午前中は仕事をすることになった。まあ、後で大変な思いをするよりは、やれるときにやってしまった方がいいので、それは別にかまわない。おかげで、午後の時間が、とっても充実したものに...
続きを読む | 閲覧(3931) 
6月
12 (火)
カテゴリー  未分類
それほど大したことをしただけでもないのに、きちんと目を見てお礼を言ってくれる人がいると、大げさかもしれないけど「自分が自分でよかった」と思う。僕の中に、ちょっとした鐘のようなものがあって、誰かがそれを叩いてくれると、なんだか自分でもびっくりするくらい、やりたいことが生まれてくる。僕の作った歌も芝居も、多分全部そうやって、誰かが鐘を叩いてくれたからこそ生まれたものだ。自己表現とか創作意欲とか、啓蒙活...
続きを読む | 閲覧(3873) 
6月
12 (火)
カテゴリー  まなびやあれこれ
指導案を見せてもらい、話し合いがあった後で、僕が伝えたかったこと。E先生 協議の時にも話したように、高等学校での古文入門に際しては、中学校でどのような指導をしているのかということをよく知る必要があると思います。どうも高校の国語の先生の中には、「古文は高校になってはじめて触れるもの」という先入観がある人もいるようですが、平家物語とか枕草子とか論語とか、なかなか充実した内容が中学校の教科書に載っていま...
続きを読む | 閲覧(4237) 
6月
11 (月)
カテゴリー  まなびやあれこれ
指導案を見せてもらい、話し合いがあった後で、僕が伝えたかったこと。D先生 それぞれの生徒が出してくる発想というのは本当に宝物だと思います。ひとつひとつを大切にしてあげたいというC先生の感覚は、とてもすばらしいものです。でも、全てを同じように肯定するのは、裏返せば全てを否定している、というか、相手にしていないことにもなります。先生の指導案にあるように、「小説の基本的な読み方」というものがあるのなら(...
続きを読む | 閲覧(3759) 
6月
11 (月)
カテゴリー  未分類
自分で思うよりも、僕はずっと仕事をすることが好きなんじゃないかと思う時がある。嫌なことはそりゃあるけど、それは仕事が嫌なんじゃなくて、嫌なことが嫌なんだ。仕事をする中で、嫌なことがつきものになるのかって言うと、なんとなく自分でそういうものから逃げたり戦えたりするような気がしていて、結局仕事をすることそのものは、実はすごく好きなんじゃないかなあって思う。今やっている仕事も、その前にやっていた仕事も。...
コメントあり 2  |  続きを読む | 閲覧(11031) 
6月
10 (日)
カテゴリー  本・CD・DVD
黄金の手紙 (ハヤカワ文庫 NV 357)デズモンド・バグリイ早川書房発売日:1984-06ブクログでレビューを見る»確か、デズモンド・バグリイの作品としては最初に読んだものではなかったかと思う。次に読んだ名作「高い砦」のおかげで何となくかすんでしまった嫌いがあるのだけど、改めて読んでみるとこれも傑作。黄金の盆(?)に隠された謎を解き、宝探しに出かけるというプロットは、それこそ「宝島」を...
続きを読む | 閲覧(4102) 
6月
9 (土)
カテゴリー  本・CD・DVD
暴走 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-13 競馬シリーズ)ディック・フランシス早川書房発売日:1978-10ブクログでレビューを見る»読み終わって驚いたのは、実にシンプルでオーソドックスな犯罪捜査の物語であることだ。事件が起き、犯罪の専門家が呼ばれ、粘り強い捜査の結果的、真相と犯人を探り出す。まさに王道で、どちらかといえば、探偵ものというより、警察小説のような雰囲気がある。フランシスの...
続きを読む | 閲覧(3532) 
6月
8 (金)
カテゴリー  まなびやあれこれ
指導案を見せてもらい、話し合いがあった後で、僕が伝えたかったこと。C先生 子供たちの理解度の差ということで考えると、確かにワークシートは有効だと思います。ワークシートというと個人の作業というイメージが強いかもしれませんが、協議の中でも言及されたとおり、実は生徒相互のやりとりを作り出すための武器として有効です。シートの内容と時間や場の設定をうまく工夫すれば、教える、教えられるという関係を中心とした活...
続きを読む | 閲覧(3564) 
39件のうち1 - 30件目を表示しています。

アクセス数
4398487 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ