NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 演劇や音楽の話 > ひさしぶりに「CATS」のDVDを観る。

KAZU さんの日記

2020
2月 16
(日)
09:58
ひさしぶりに「CATS」のDVDを観る。
カテゴリー  演劇や音楽の話
本文
 映画館で「実写版」という「CATS」が上演されているのだが(この「実写版」という言葉は「ライオンキング」とはずいぶん違う意味のようだ)、観る勇気がどうしても出ないので、手元にあったDVDを久しぶりに観た。1998年に撮影された、オリジナル・ロンドン・キャストのものである。

 考えてみれば、もう30年以上断続的に観ているミュージカルである。あっちもこっちも全部覚えていると言いたいところだけど、改めて観れば、観るたびに新しい発見があるし、毎回異なるところでわくわくしたり涙が出たりする。

 今回は、マンゴジェリーとランペルティーザの曲が今までになくくすぐったく感じたし、グリザベラがちょっと踊るところが胸に刺さった。ヴィクトリアやボンバルリーナってこんなに存在感があったかなって、ちょっとびっくりした。今までは、ソロを歌ったり、歌のタイトルになっているようなネコに注目していたけど、今回はコーラスのネコが、それぞれ個性をかっちり出して、ちゃんと元気に生きている感じが気持ちよかった。

 これだけのものがあるのに、新たに映画を作る気持ちが正直よくわからないし、評判を聞けば聞くほど、怖いもの見たさ(見たくなさ?)の気持ちが押し寄せる。いつかは観るだろうけど・・・

 観るべきか、観ざるべきか。それが問題だ。
閲覧(285)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
アクセス数
4001138 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ