NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 本・CD・DVD > 川又千秋「幻詩狩り」よくできたSFでおもしろいんだけど、ラストがちょっとだけ期待はずれ。読んでいるうちに思わず自分でハードルを上げてしまっていたかもしれない。

KAZU さんの日記

2018
6月 5
(火)
12:35
川又千秋「幻詩狩り」よくできたSFでおもしろいんだけど、ラストがちょっとだけ期待はずれ。読んでいるうちに思わず自分でハードルを上げてしまっていたかもしれない。
カテゴリー  本・CD・DVD
本文
 現代から過去、未来と時間がすらりとわかっていく。登場人物も場所も、リレーのように変わっていく。とある文書が生まれて消えるまでの物語だが、その作品には人類の未来を左右する凶暴な力があるのだ。

 特に中盤から後半を占める現代(少しさかのぼるが)日本編は、ある種企業小説的なタッチで進むけれど、登場人物がなにも知らずに爆弾をもてあそんでいるようで、むずむずする感じがしておもしろかった。

 とってもおもしろく、はらはらしながら読んだけど、正直ラストがちょっと期待はずれ。まあ、それしかないだろうって終わり方ではあるんだけど、物語の必然と言うよりも、約束した長さになったからここで終わる、あるいは語るべきエピソードがつきたからここで終わる、という感じが少しだけした。

 それにしても、まだまだおもしろい物語はたくさんあるんだなというのが実感。ずいぶん前に買かれた作品なのに。

閲覧(579)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アクセス数
3085311 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ