NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 本・CD・DVD > 石川一郎「2020年の大学入試問題」刺激的なテーマではあるのだが、やや鼻につく部分もあり読み終えるのに苦労した。

KAZU さんの日記

2018
1月 3
(水)
09:58
石川一郎「2020年の大学入試問題」刺激的なテーマではあるのだが、やや鼻につく部分もあり読み終えるのに苦労した。
カテゴリー  本・CD・DVD
本文
とても刺激的なテーマではある。

大学入試というのが、今後激変していって、単なる知識を問うだけのものではなくなっていく、いや既にその変化は始まっているという話。それを具体的な入試問題の紹介を交えて語っている。

そういう点ではとても興味深く、また勉強にもなる本なのだが。

ある部分で、作者自身の教育実践の紹介が長くなっていき、それがちょっと鼻についてくる。おもしろくはあるが、最後まで読み切るのに案外苦労してしまった。

閲覧(308)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アクセス数
2830156 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ