NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 本・CD・DVD > 映画「暗殺教室」 なかなか頑張っているけど、原作のおもしろさには及ばない。やっぱりこの尺におさめるのはきつい。でも、違和感なく観られたのはさすが。

KAZU さんの日記

2017
8月 12
(土)
10:05
映画「暗殺教室」 なかなか頑張っているけど、原作のおもしろさには及ばない。やっぱりこの尺におさめるのはきつい。でも、違和感なく観られたのはさすが。
カテゴリー  本・CD・DVD
本文
係わったすべてのスタッフさんや役者さんの肩を叩いて、「よくがんばったね」と言ってあげたいような映画である。あの原作をこういう長さの映画にまとめるのって、本当に厳しいと思うけれど、まずまずきちんと取りまとめたなって思う。

修学旅行とか他のクラスとの競争とかがごそっとカットされている(修学旅行は形を変えて残っているけど)のは、尺をを考えれば仕方がないと理解できるけど、やっぱり残念。ほんと、いくつかのエピソードをひとつにまとめたりして、実に上手につくってあるのだけど、個人的には、その分残念なところが目立ってしまうし、映画としてばらばらな感じになってしまったような気がした。

CGの先生を始め、キャストのイメージに違和感がなく、なかなかの名演技だったと思う。これもまた、よかっただけにカットされたエピソードや見せ場がもったいなく感じてしまう。全部盛りこむことが出来ないのはわかっているのだけれど。

ここまでの物語を一本にまとめてしまったから、「卒業編」には、映画として比較的まとまりやすいエピソードが残っていることになった。楽しみに見せてもらうことにしよう。

閲覧(2841)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
アクセス数
3178689 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ