NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > まなびやあれこれ > 暖かな土曜日、高校生たちの活躍が眩しい

KAZU さんの日記

2017
2月 4
(土)
16:43
暖かな土曜日、高校生たちの活躍が眩しい
カテゴリー  まなびやあれこれ
本文
勤務している学校の高校生たちが、地元の小学校で演奏会をやると言うので、応援に行った。大きな部活動なので、弦楽器、金管楽器、パーカッションと並ぶと、それだけで小学校の小さな体育館は、半分くらいがいっぱいになってしまう。大迫力である。

さすがに全国レベルの団体だけあり、音楽そのものも素晴らしかったが、何よりも印象に残ったのは、メンバーの笑顔とサービス精神である。どれだけの努力を積み重ねたら、あれだけのレベルの演奏とにこやかな笑顔が両立するのだろう。舌を巻いた。演奏が終わってから、自分たちの楽器と同じように、観客用の椅子をテキパキと片付けている姿もかっこよかった。

自分がこの学校の一員であることを、誇らしく思った。勉強とか人間関係とか、大変なことはたくさんあるだろうけど、この輝きを失わないでほしいと思う。小学生たちにとっては、まごうことなく最高のヒーロー、ヒロインである。

そのあと、県立美術館に行って、高校生の写真展を見てきた。こちらは関東の優秀作品が展示されている。ここにも、自分が通う学校の生徒の作品がいくつも誇らしげに飾られており、その多くがクラスメイトの活躍をきりとったものだった。写真の中の高校生の顔は美しく、またそれにレンズを向けシャッターを切る高校生の思いが痛いほど伝わってきた。写真に写し取られた眩しいような風景のすぐ隣に、他ならぬ自分がいたことが嬉しくてならない。

春のおとづれにふさわしい暖かい土曜日。幸せな1日だった。
閲覧(2196)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
アクセス数
2923515 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ