NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 演劇や音楽の話 > 久しぶりに、0から台本を書き始めた。いつも頭の中を登場人物が動き回っていて、なんだかうれしい。

KAZU さんの日記

2016
10月 15
(土)
21:22
久しぶりに、0から台本を書き始めた。いつも頭の中を登場人物が動き回っていて、なんだかうれしい。
カテゴリー  演劇や音楽の話
本文
 久しぶりに、0から台本を書き始める。1月にネバーランドで上演しようかと思っている。メンバーの人生もいろいろに流れていくから、同じメンバーでできるチャンスなんていつまでも続くものではない。できる時に、できることをやっておこうと思う。

「どんなのやりたい?」って聞くところから始まる。僕個人が「これをやりたい!」とはあまり思わない。関わるメンバーが輝けること、そのための土台になるのが台本だ。メンバーにやりたいことがあるなら、それをかなえられるように全力を尽くす。それが明確でないなら、僕がメンバーにやって欲しいことを台本の形で持ちかける。

 結果的には脳天気なシチュエーション・コメディになりそうだ。好きなパターンである。テーマもへったくれもないけど、役者が輝けばそれがテーマだ。楽しければいいや。

 問題は、必ずやってくる締め切りまでに形になるかどうか。座付き作家やってて一番幸せな瞬間は、それなりに自信のあるものを、鼻高々に配るとき。で、読んでもらって、 なんというかメンバーたちが「うわ、やりてー」って空気を醸し出してくれること。まずはそれを目指す。上演可能性とか、客がどう思うかとか、ほんとにこんな衣装をつくれるかとか、そういうことは演出家が考えるでしょ(それも僕だけど)。

 と、いうわけで、請う御期待。(ここまで言っておけば逃げられないだろう、自分)
閲覧(3619)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アクセス数
3147492 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ