NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 本・CD・DVD > DVD「ターミネーター:新起動/ジェニシス」趣向はおもしろいんだけど、SFとして消化不良の部分で残り今ひとつ楽しみきれずに終わる。残念。

KAZU さんの日記

2016
9月 10
(土)
08:58
DVD「ターミネーター:新起動/ジェニシス」趣向はおもしろいんだけど、SFとして消化不良の部分で残り今ひとつ楽しみきれずに終わる。残念。
カテゴリー  本・CD・DVD
本文
 久しぶりの「ターミネーター」。楽しく観てきたシリーズだけど、大騒ぎをするほど愛着があるわけでもないので、今頃になってさらっと観てみる。

 「1」とか「2」がすごく好きな人にはたまらないんだろうなと思う出だし。快調である。「すごく」とまではいえない僕にも懐かしく、またシナリオの着想がおもしろかった。

 途中からどんどん話が複雑になってきて、タイム・パラドックスの処理も何となく雑で、首を傾げながら観ていた感じだった。それなりに気持ちのいいアクションシーンもあるのだが、頭の中にいくつも「?」がうごめいていてどうも楽しみきれない。それがなんだかラストまで続いてしまった。

 世界観も広大だし、凝ったシナリオもすごいと思うのだけど、「1」〜「3」の気持ちの良さの方が僕は好きだ(僕は「3」もかなり好きなのである)。難しいことは他の映画に任せてしまって、「ターミネーター」を観るときには、シュワルツェネッガーのかっこよさにしびれていたいものだ。

閲覧(2409)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
3085206 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ