NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > 日記・ブログ > KAZU > 本・CD・DVD > 庄司薫「白鳥の歌なんか聞こえない」物語としておもしろいし、登場人物に共感できる。今の若い人たちが読んだら、どんな感想を持つのだろう?

KAZU さんの日記

2014
3月 10
(月)
21:17
庄司薫「白鳥の歌なんか聞こえない」物語としておもしろいし、登場人物に共感できる。今の若い人たちが読んだら、どんな感想を持つのだろう?
カテゴリー  本・CD・DVD
本文
主人公薫くんの幼なじみである由美の物語の印象が強い。確かに彼女が大きな困難(?)に直面し、それを乗り越える話が大きなウエイトを占めるのだけど、実はむしろ、薫くんの成長の方がメインなのだと、再読をして初めて気がついた。もちろん、彼女も大きく成長しているのは確かで、感動的であるのだけれど。

また、ずいぶん昔読んで以来、あまり印象に残っていなかった薫くんの男友達たちのエピソードもなかなかおもしろかった。こちらの方は、こう言っちゃ何だけど、身に覚えがあるというか、その「トタバタ」ぶりは、とっても懐かしく共感できるのである。こうやって、ほとんど無駄と行ってもいいくらいの堂々巡りを、思い切り真剣にやっていたなって自分や仲間のことを思い出したりする。今だって別の形でやっているんだけどね。

でもやっぱり印象的なのは、薫くんと由美、それぞれの成長と関係。個人的には「お雑煮」の使われ方が、いかにも男の子のかっこ悪さを気持ちよく象徴していて好きだった。まあ、クライマックス(?)はとても印象的なんだけど、それはもしかしたら、僕自身はああいうかっこつけ方はたぶんできないって思うからかもしれない。今までちょっと余裕を持って眺めていたはずの薫くんが、すっと高いところへ行ってしまったような感じがすると言ったら言い過ぎだろうか。

魅力的な冗長文体は健在。「赤頭巾ちゃん気をつけて」に比べてやや控えめな気がするのは、物語中で流れる時間が長くて、その分事件が起こりやすく、結果的に思索を書き表すことがメインになる箇所が減るからだろう。小説としては、こっちのほうがずっと読みやすく感じた。

閲覧(3215)

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アクセス数
2967290 / 日記全体
RSS配信
KAZU さんの日記



、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ