NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
  • カテゴリ 本番真っ最中に の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

with BACCHUS - 本番真っ最中にカテゴリのエントリ

緊張感

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 役者の鍛錬 » 本番真っ最中に
執筆 : 
KAZU 2007-4-11 14:13
 新入生歓迎公演初日、無事終了してよかった。何よりもあれだけの数のお客さんに来てもらえたのは、ひとつひとつの努力や工夫の現れだと思う。それについてはいずれ書くとしよう。ご苦労さまでした。

 芝居そのものについて。決して悪い出来ではなかったと思う。細かい点については、それぞれに反省もあると思うのでここであれこれと書くことはしない。観ながら一番考えたのは、「緊張」ということだ。

 緊張で体と心がガチガチになってしまうのは困る。せっかく努力してきたものが、お客さんを前にしたとたんに萎縮して出てこなくなってきてしまうようでは芝居にならない。でも、緊張すること自体がよくないのかというと、そうではないと思う。実力を出し切るためにはリラックスするのが一番いいのだ、という考え方も正しいとは思うけど、そんなに緊張することを悪くいう必要はないと思うのだ。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4848)
 春の大会が始まる。雨だ。ええと、3年生はこの期に及んで「最後のダメ出しを!」とかいうメールを送ってくるのをやめるように。非常に感傷的な気分になってしまって困るのである。

 さて冗談はさておき、昨日の「公開通し」、決していい出来ではなかったと思う。例によって時間がすべてを物語る。やや1分伸びるというのは、かなりテンポが悪くなっているってことだ。実際に観ていて、退屈してしまう部分があった。おおざっぱに言えば、職人シーンは間とテンポが悪く、貴族シーンはコンビネーションが悪く芝居が小さかった。ついでに言うと、「今さら台詞を噛むな」と叫びたくなった。

 なぜそうなってしまうのだろう。おそらく、観客の存在だと思う。変な話だが、喜劇というのは1分ごとに観客の評価を受けながらやっているようなものだと思うのだ。感動はなかなか表面に出てこないし、涙にしても、客席からすすり泣く音が聞こえたらきっとうれしいと思うけど、それがないからって別にショックを受けたりはしない。しかし笑いだけは、ここで笑ってほしいと思うところで笑ってもらえないと、かなり嫌なものである。不思議なもので(実は当たり前だけど)、うまく客席を味方につけるといきなり芝居のテンポは良くなるもので、逆も言えてしまう。

...続きを読む

 率直に言うと舞台でのアドリブ、決して嫌いではないのだが、正直言って怖いのである。本番の舞台で突然稽古と違うことをやり、それが芝居全体の完成度を上げるという意味で成功するのは、きわめて熟練した役者だけに許される贅沢であると思う。あるいは、それらを許容し、プラスにかえるだけの明確な演出意図がある場合か。少なくとも、もし自分が舞台に立つとしたら、何度も稽古を重ね、演出や他のメンバーの批判やアドバイスをくぐり抜けたもの以外は、怖くてやることができない。何ヶ月も繰り返し煉ってきたものと比べあわせて、自分のアドリブが釣り合うのか、成功すること得るものよりも失敗して失うものの方があまりにも大きく、すくんでしまうと言うのが、正直な気持ちだ。繰り返すけど、そういうアドリブを許容する舞台、それを魅力とする演出意図は存在するし、稽古の中では、自由に自分のアイデアを試す機会、それを生かそうと試みる機会はたくさんあるんだけどね。

...続きを読む

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

2期に分かれています。第1期は2002年9月から2009年3月まで。少しでも高いところに登ろうと必死で自らを鍛えていた演劇部でした。「with BACCHUS」の内容もわりあいハードで、量もとても多いです。第2期は2013年から書き始め現在進行形です。動き始めたばかりの演劇部、演劇初心者がほとんどの部員たちにわかりやすいように書いているつもりです。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ