NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
  • カテゴリ 役者としての心構え の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

with BACCHUS - 役者としての心構えカテゴリのエントリ

 一昨日昨日と、とても充実した二日間だったと思う。芝居作りが進行したことはもちろんだが、演出にせよ俳優にせよ、プロの仕事ぶりにはっきりと手を触れて、その熱さにはっとしたはずだと思う。大切にして欲しい。

 さまざまな教えをメモしながら聞いていると、実はけっして本当にものすごいことを言われているわけではないのだと思う。確かに「瞬きをするタイミングを計算する」なんて言われると「すごいな」って思うし、もちろん本当にすごいんだけど、考えてみれば、舞台に乗ったりしている以上、自分の全身に神経を行き渡らせ、そのすべてで表現をしようと試みるのは当たり前のことだ。だけど、その当たり前のことがどれだけ難しいか、少しでも真剣に舞台に立った人間ならわかるはずだし、だからこそ、その当たり前のことをさも当たり前にやっている人を「すごいな」って感じるのだと思う。

 もし、瞬きのコントロールをしようと考える感覚そのものを、単純に「すごい」と感じるとしたら、ちょっと甘いかな、自分の体で伝えると言うことを今まで甘く考えていたんじゃないかなって思わざるを得ない。君が「すでに知っているができない」ことを、確実に実行している人に対して「すごい」と思って欲しいのであって、君が「知らない」としたら、困るなって思うんだ。

...続きを読む

 前号のようなのを読むと、「自分はとんでもないことをしてしまった。そこまで深く考えていなかった。急いで謝ってキャンセルしなければ」って思う人も多いだろうし、それもそうだろうと思う。昨日の夜も、そんなメールを送ってくれた人がいた。誠実にものを考えている人だなって思って、嬉しく微笑ましく思うと同時に、もうちょっとだけ意地を張ってみてもいいんじゃないかなと心のどこかで思った。

 自分がこういうオーディションを受ける立場だったらどうするかなって思う。やっぱり一番好きな曲に何とかして出演したいと思うから、まわりの状況を見ながら「ねらい目」を絞るかもしれない。それとは別に自分の表現をきちんと評価してもらえ、もしかしたらアドバイスをもらえるチャンスかもしれないから、選ばれるかどうかは別として挑戦するものもノミネートするだろう。そこから先はわからないけど、少なくともそのふたつが最優先で、そのふたつを練習する時間をちゃんと確保することを考えて、余力があればもうひとつくらいって思うような気がする。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3785)
 前号でスタッフについて書いたので、今度はキャストのこと。

 歌のオーディションをやるよってノミネート用紙を配り、翌日になったら驚くほど多くの数字を書いた用紙が戻ってきた。昨年書いたと思うけど、挑戦はしてほしいからこうやって「意欲にあふれた」ノミネート用紙が帰ってくるのは嬉しいはずなのだが、どうもそうとばかりは言えないようだ。正直言って、本当に歌えるのかって思ってしまう。

 昨日のミーティングで、音響担当の方から「今月中には歌えるようにして」なんて話があったけど、思いきり甘いのである。そんなことを言っていたら歌い手を選べない、選べなければ出演者が決まらない、決まらなければステージの形を作るのは無理だ。振り付けすらできないのである。だから、どの曲に誰が出るかは来週中には決めなければならないし(全曲というわけにはいかないとは思うが)、だからこそ無理をして楽譜や音取り用のソースが休み前に配られたのである。どのような指示があろうと、そのくらいのことは感じ取れなくては困るし、それ以上にああいう時期に自分なりに練習して歌えるようにしておこうって意識がなければ話にならない。これは前提条件のお話である。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3663)

健康管理

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 役者の鍛錬 » 役者としての心構え
執筆 : 
KAZU 2002-11-1 12:00
 もしかしたら一番大事なのは、健康管理かもしれない。

 だいたいにおいて熱っぽい顔をしたり鼻をぐずぐずいわせたりしながら、「大丈夫か」って訊くと「大丈夫です」と答え、Tシャツ・裸足で稽古や作業をやり、家に帰れば遅くまで勉強したり遊んだりしている人間が多いのである(さすがに最近は防寒がしっかりしてきつつある)。「病は気から」なんていうけど、「気」で病を克服できると思ったら大間違いなのである。

 ある程度の所までは我慢ができるし、気力で乗り切ることもできるかもしれない。が、その状態では自分のベストの力は出ないというのがひとつ。身体にマイナス条件がある人間が、気力でいつもよりもいい結果を出すようなドラマや漫画はいくつもあるけど、マイナス条件を無くした上で、同じだけの気力を振り絞ればもっといい結果が出るのはいうまでもない。もうひとつは、我慢ができず気力が続かない状況になったとき、突然ばったりいくこと。これはもう予想外の時にやってきたりするのだ。そしてやってきてしまったら、それなりに大事になってしまったりするかもしれない。確かに、ある程度のことなら身体がどうであろうとやらなければならないようなこともある。多分、40度の熱があっても、もし今日が本番であればやると思う。みんなはそういうふうに考えると思う。が、それはどうしてもやむを得ない時だけのことであり、明後日はゆっくり休めるってことを前提に考えてほしい。そんなことが何日も続くはずがないんだよ。

...続きを読む

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

2期に分かれています。第1期は2002年9月から2009年3月まで。少しでも高いところに登ろうと必死で自らを鍛えていた演劇部でした。「with BACCHUS」の内容もわりあいハードで、量もとても多いです。第2期は2013年から書き始め現在進行形です。動き始めたばかりの演劇部、演劇初心者がほとんどの部員たちにわかりやすいように書いているつもりです。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ