NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
  • カテゴリ 本番を終えて の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

with BACCHUS - 本番を終えてカテゴリのエントリ

発射台

カテゴリ : 
第1期 » 部活動運営 » 顧問からメッセージ » 本番を終えて
執筆 : 
KAZU 2009-2-23 19:01
 言うまでもないけれど、僕は学校の先生という仕事をしている。クラス担任をやっていれば、文化祭などのクラス企画というものがあり、生徒会顧問をやれば文化祭や予餞会など様々な学校行事がある。もちろん僕は演劇部の顧問であり、君たちと一緒にいろんな舞台に取り組んでいる。

 今、何となく「顧問」という言葉を使ったのだけど、この「顧問」という立場が自分にとってはあいまいで、それなりに悩んだ時期もあった。

 僕自身の性格の問題なのかとは思うのだけれど、たぶん自分には「黙って見守る」的な立場はなかなか難しいような気がする。たとえ全く畑違いのことを任されたとしても、何とか勉強してできる気になって、いっぱしの口を挟んでしまうと思う。たぶん、生徒にしてみれば迷惑なことで、陰でバカにしたりするんだろうけれどね。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5772)
 ともあれ,ひとつ終わったね。本当にみんなよく頑張ってきたと思う。ごくろうさま。

 結果については,さまざまに思うことがあるだろう。ただ,今の僕らが立派なトロフィーをもらえるだろうって思うのは,正直に言えば少し客観性に欠くと思う。自分たちの部の中だけを見ていられるのならともかく,千葉県という広い世界に出てみれば,僕らの一生懸命なんてごく当たり前のことなんだ,きっと。誰も彼もが精一杯すばらしい舞台を作ろうと最大限の努力をし,知恵と汗を絞っている。そういう人たちと肩を並べていられたと言うことを,何よりも誇らしく思わなければならないと思う。

 実際問題として,実力不足はある。今回,台本が「創作脚本賞」をもらったことで,逆に「せっかくいい台本なのにそれを生かし切れなかった」と落ち込む向きもあるようだが,まあ率直に言えば,そんなことを考える必要は毛頭ない。そんなに自分たちを買いかぶってはいけない。少なくとも「演技が下手だ」とか,「スタッフとして未熟だった」と思うよりも,もっと考えなければならないことがあると思うのだ。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5223)

スタッフの成長

カテゴリ : 
第1期 » 部活動運営 » 顧問からメッセージ » 本番を終えて
執筆 : 
KAZU 2007-3-14 10:56
 人間にも団体にも、どう頑張ってもできないことというのは絶対に存在する。知識にせよ技術にせよ、魔法使いのではないのだから、自分の持っている以上のものを出すことはできない。ノコギリをひけない人がパネルを作ることはできないし、一人で50キロの荷物を運ぶことはできない。自分たちができることは、それぞれの持つ知識と技術の範囲内、それらを使いこなし組み合わせる団体の技量の範囲内にある。

 逆に言えば、僕らの持っている知識と技術、それらを組み合わせる団体としての技量がアップすればするほど、僕らにできることは単純に増えていくし、この「翼、はるかな君へ」という台本に取り組んでいる時期は、まさにそういう過程だったと思う。まず人数が増え、次にそれぞれがパワーアップし、最後にそれをきちんと組み合わせることができるようになった。その頂点が千葉県中央発表会で、その結果が「舞台美術賞」だったのだろう。慢心があったとは言わないが、校内公演あたりからほころびが見えて予餞会でほぼ崩壊し、その経験を生かして過去にないほどしっかりと形を作って行えたのが中学校公演だったと思う。そう、中学校公演での計画・実際の動きは、全ての面においてではないにせよ、まさに締め括りにふさわしい完成度だったと思う。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3729)
 最初にこの台本の構想をし始めたのは昨年の2月頃だから、個人的にはもう1年くらいこの芝居に関わっていることになる。それが長いかといわれれば、自分の頭の中ではそう長いというわけではない。が、そのくらいの時間向かい合っていると、それなりに思い入れのようなものが生まれてくるのは事実だ。ただ、その「思い入れ」というのは、たとえば「阿国」という歴史上の人物にあるわけでもなく、「おくに」という登場人物にあるのでもなく、それを演じる役者と登場人物の奇妙な混じり合いの中にある。実際のところ、この台本に出てくる人物と、実際にその役を演じたメンバーとの区別は僕の頭の中で妙にあいまいになっていて、別の人がその役を演じるということはちょっと考えにくいような気分である。

 それはもちろん、この台本のほとんどの部分が「当て書き」であるから、というのが大きな原因だ。ほとんど何も決まっていないうちからキャストを決めてしまうというのは、実は僕が台本を書くときによくやるやり方だし、プロの舞台作りでだって、実は珍しいことでも何でもないのは確かだ。しかし、普段の演劇部の芝居作りの段取りから考えると、こういったやり方に乗るのは蛮勇に近いものが必要だったと思うし、よく信頼して好きなように作らせてくれたものだと感謝をしている。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3875)

中央発表会結果

カテゴリ : 
第1期 » 部活動運営 » 顧問からメッセージ » 本番を終えて
執筆 : 
KAZU 2006-12-8 15:51
 試験があったりして間の抜けた言い方になってしまったけど、優秀賞&舞台美術賞おめでとう。もちろん、実行委員会表彰の数々も。こういうのに順番をつけるのはおかしいけれど、個人的な気持ちとして嬉しい順番に並べるとすれば、舞台美術、実行委員会表彰、優秀賞の順になるかなって思う。

 審査員の方の講評の中で、特に嬉しかったのは「チームワーク」という言葉だった。ミュージカルのバックダンサーのことを話題にしながら、舞台にいる全員、スタッフの隅々に至るまで、全員でいいものを作り上げていこうというチームワークが感じられた、と言うお褒めの言葉だったと思う。僕は、それだけでどんな表彰状よりも嬉しかった。僕が、演劇というもの、ミュージカルというものに求めているもののすべてがそれだからだ。実際、装置を初め小道具や衣装、照明や音響、舞台を構成するひとつひとつのものが、ひとつひとつ集められたり作られたりしてきた過程は、何かとても長いような、短いような不思議な気持ちがする。なによりも嬉しいのは、そうやって作っていく中で、少しずつ仲間が増えてきたこと。最初の予定の倍近い人間が、何らかの形で芝居作りに関わってくれた。そういうひとつひとつの積み重ねが、チームワークという言葉と、舞台美術賞という評価になったのだと思う。

...続きを読む

 大会が終わり10日が過ぎ、その間に定期考査があったりして少し間が抜けてしまったけれど、あらためて最優秀賞、おめでとう。素直にうれしいと思っている。

 振り返ってみれば、本当にぼろぼろな状態で良くやってきたものだと思う。先日黒板に貼ってあった文章の中にもあったけど、「忘れてました、間に合いませんでいた、気がつきませんでした」の繰り返しが多く、上演中止一歩手前まで何度もいったはずだ。特定個人の問題ではなく、部全体の中にそういった要素、あるいはそういった面を改善できない要素がたくさんあって、それは、正直なところ今に至ってもまだまだ残っていると思う。克服したからこそ、今の結果があるとは、まったく言えないと思う。

 最後の最後までできていないところはできていなかった。きちんとした計画ができないまま時間切れで本番に突入した挙げ句、各人の判断や経験者・専門家のアドバイスで何とか形ばかりは整えたものがどれほど多かったことか。一番の課題であったコミュニケーションも最後まで完全には機能せず、特定の人の所に仕事や判断事項が集中したり、異なった判断が競争したりすることがどれだけあったことか。今思い出してみると、まさに冷や汗ものである。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4184)
 何よりも初舞台組、お疲れさまでした。よく頑張ったね。

 正直いって、あんまりいい感じの客席ではないって感じたと思う。僕らが行った芝居がどうであるっていう以前の問題として、あの場所で劇を見せられるということに抵抗があった「お客さん」も多かったようだし、なんにしてもちゃんとミットを構えて何かを受け取ろうという気持ちではなく、なにかきっかけを見つけて茶化してしまおうというような姿勢で客席にいた人もいたように思う。本当に残念なことだし悲しいことだけれど、そういう状況は確かに存在する。

 それでもなお、あそこに集まった1000人の意識を一点に集めてみせるような演技は存在するし、僕らの芝居の中にも、ほとんどそれに成功した瞬間もあった。しかし、それは本当に難しいことだし、やっぱり最終的に観客を完全に芝居の世界に引きずり込むことは出来なかったと思う。力不足、といえばその通りだとは思う。

...続きを読む

文化祭終了

カテゴリ : 
第1期 » 部活動運営 » 顧問からメッセージ » 本番を終えて
執筆 : 
KAZU 2005-9-10 18:00
 お疲れさまでした。

 おそらく、不本意な部分もたくさんあったと思う。機械のトラブルもあったし、稽古不足がやっぱり出てしまったところもあった。先日言ったように、そういうことも全部含めて、今の状況の中でのベストを出していければ、それが一番いいと思う。

 芝居を観た感想を一言で言えば、「素朴」って感じだろうか。上手な演技とは言えないかもしれないが、台本の要求を真正面からとらえて、素直に表現しているような印象を受けた。それは照明や音響も同じで、凝ったことをやっているわけではないけれど、過不足なく、必要なことをきちんとやっていると思った。

 惜しむらくは、その素朴さが必要な丁寧さを伴っていないように感じる時があったこと。「これができる」ではなく、「これしかできない」と感じられるような瞬間があったのは事実。勿論その通りだったりするんだけど、最初に言ったとおり、そういうことも含めてそれが今の僕ら。仮に停電して真っ暗の中で芝居をやらざるを得ないとしても、胸を張って「これが今のベスト」ということをやりたいものだ。

...続きを読む

次のステージ

カテゴリ : 
第1期 » 部活動運営 » 顧問からメッセージ » 本番を終えて
執筆 : 
KAZU 2005-7-14 18:10
 今日が正式な「Go8」の締めである。公演の終了からずいぶん間があったので、なんだか妙な感じだし、すでに次のステージに進んでいる3年生を、無理矢理引きずり戻しているようで少し気が引けるのだけど、やっぱり演劇部にとっては大切な時間だと思うので、3年生には申し訳ないけど、ぜひつきあってほしい。

 「メモリアル」の方にもずいぶん好き勝手なことを書いた。書き終わってから気がついたんだけど、ちっとも「Go8」のメモリアルになっていなかった。申し訳ないと思っている。

 「次のステージに進んでいる」と書いた。文字通り、僕はそう思っている。部活の顧問をやっていると、時として不満に思ってしまうのは、どいつもこいつも2年ちょっとやると消えてしまうことで、やっと何とか使い物になるようになり、さあこれからは一緒にものを作れるかなとわくわくしたところで、いなくなってしまう。まして気持ちの上でも勝手に仲間意識を持ってしまったりするものだから、いなくなられると、何となく見捨てられたような気がしてがっくり来る。毎年そんなことが繰り返される。ま、そもそも学校というのが、そういうところなんだけどね。

...続きを読む

 またひとつの公演が終わった。最近、公演が終わるたびに、一種の脱力感のようなものを感じることが多い。以前はもう少し、「さあ次には何をやろうかな」って感覚があったような気がするのだけど、今はなんとなくそういう気持ちになれないのはどうしてだろうって自分でも思う。全力投球をしたあげくのことならわかるんだけど、頑張っているのは僕ではないのにね。

 ともあれ、「山田家の災難」である。正直言って、稽古の期間中、とにかく疲れた芝居であった。台本が決まるまでもそうなのだが、比較的人数も少なくて、ある意味「ドングリの集団」的なチームであるという印象が大きかった。大きな乱れもなく、それぞれにきちんと役目は果たすことができるんだけど、ぐいぐいと全体を引っ張っていくような迫力を持っている存在に欠ける。大きなミスはしないだろうけど、油断しているとぼやっとした稽古しかできなさそうで、しかもそういうものは満足できないっていう感覚だけは持っているから、これじゃダメだって思い悩むあまり、チーム自体が空中分解しかねない、そういう危険を秘めていたって思う。

...続きを読む

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

2期に分かれています。第1期は2002年9月から2009年3月まで。少しでも高いところに登ろうと必死で自らを鍛えていた演劇部でした。「with BACCHUS」の内容もわりあいハードで、量もとても多いです。第2期は2013年から書き始め現在進行形です。動き始めたばかりの演劇部、演劇初心者がほとんどの部員たちにわかりやすいように書いているつもりです。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ