NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
  • カテゴリ 高校演劇大会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

with BACCHUS - 高校演劇大会カテゴリのエントリ

 インターネット版「with BACCHUS」には部内発行版にない情報がある。今までは演劇本の紹介だけだったんだけど、昨日から「インターネットから」ってのができた。ネット上にある演劇観系のサイトで見た方がいいよってのを紹介するもの。特に昨日紹介したふたつのサイトはとっても興味深いものだから、可能な人はぜひ見てみるといいよ。

 さて、そのひとつの中の記事に、ある大会の下見とリハーサルの話がある。平たくいえば、確認しておくべきことを確認していなくて、リハーサルで大変だった、という話である。身につまされる。毎年この時期になると中央発表会の下見に行って、あとで悩むことのないようにしっかり見ておこうと思うのだけど、まったく後悔することがなかった年なんて一度もない。

...続きを読む

地区協議会の書類

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 高校演劇大会
執筆 : 
KAZU 2004-5-11 9:30
 高校演劇の定期総会に出かけてきた。複数校の合同公演が条件付きで可能になるなど、あれこれとあったのだけど、僕にとっては何よりも地区協議会が大切なイベントだ。春の地区大会についての具体的な話し合い、秋の地区大会や今後の見通しについての話題が出てくる。かつては、定期総会に出かけると、たとえ手ぶらで行ってもたくさんのおみやげを持って帰ってくることが多くて大変だったのだが、今は行きの荷物の方が多い。みんなもすでに目にしているはずの、たくさんの資料を持って行くからである。

 ひとつの大会を運営するというのは、本当に大変なことだ。かつて文化ホールで運営していた時代は、いろんな面でホールのスタッフの方が相談に乗ってくれたり、手をさしのべてくれたりしたものだが、実際そのような恵まれた条件の中で大会が運営できるのは、むしろ例外的なことである。よく言えば「手作りの」ということになるのだけど、正直自分の力不足を悔しく思いながら、おっかなびっくりで事を進めているというのが本音である。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3109)

地区大会前日

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 高校演劇大会
執筆 : 
KAZU 2002-9-28 16:40
 いよいよ明日から大会である。今回は11の演劇部が、それぞれ創り上げてきた舞台を披露することになる。自分の舞台を大切にするのと同じように、他の学校の舞台を大切にしてほしいし、舞台だけでなくホールでの動きすべてが、鮮やかなものであってほしいと思う。

 今回、まず受付係として動き始めることになる。パンフレットづくりからだ。開演が伸びないように、迅速に動いてほしいし、その過程で他の学校を関わるところもたくさん出てくると思うから、しっかりとやってほしい。大会が始まれば、受付は大会の顔である。明日は日曜日で一般の方のご来場もあるだろうし、正面の入り口を入れば真っ先に見るのは受付の人たちの顔だ。ぜひ、いい笑顔で迎えてほしい。質問がくることもあると思うけど、分かることはしっかりと、分からないことはどうすればいいかきちんと判断しながら対処する。お願いします。

...続きを読む

外部との会議ふたつ

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 高校演劇大会
執筆 : 
KAZU 2002-9-12 16:30
 皆さん、試験勉強は大丈夫ですか?あと5日ですよ!

 おとといは高校演劇の臨時総会、昨日は富津の子供祭りの打ち合わせと、立て続けに会議に出てきた。その報告をしようと思う。

 高校演劇の会議の方は、いつもとかわりない。特に11ブロックは発表順などを夏休み前に決めてあったので、むしろ来年の会場の問題などが話題になっただけで、すんなりと終わった。全体の会議の方も、県の中央発表会や関東大会への対応くらいで、特筆することはない。つまんないことだけど、今年の中央発表会は、プロのビデオ業者が入るそうだ。もし参加できたら、けっこういい記念になるかも。あ、それからリハの日程、酒井資料の方が間違っていた。当初の計画通り、仕込み・リハーサルは26日です。すいません。

...続きを読む

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

2期に分かれています。第1期は2002年9月から2009年3月まで。少しでも高いところに登ろうと必死で自らを鍛えていた演劇部でした。「with BACCHUS」の内容もわりあいハードで、量もとても多いです。第2期は2013年から書き始め現在進行形です。動き始めたばかりの演劇部、演劇初心者がほとんどの部員たちにわかりやすいように書いているつもりです。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ