NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
TOP  > with BACCHUS > 部活動運営 > 部員の精神 > 当たり前のことなんかない
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

with BACCHUS - 当たり前のことなんかない

当たり前のことなんかない

カテゴリ : 
部活動運営 » 部員の精神
執筆 : 
KAZU 2021-6-3 16:37
 なかなか立派な小道具が形を見せてきて嬉しい限り。これだけやってくれれば、役者もやりがいがあるというものだ。スタッフがいい仕事をしてくれれば、キャストがそれに応える。キャストがいい仕事をしてくれることが、頑張ってきたスタッフには一番のねぎらいだと思う。焦る必要はないけれど、しっかりと活かしてくださいな。
昨日は、荷物の積み込みの話も出てきた。実はそういうことがとても大事だ。

 今、日本中で一生懸命コロナ・ワクチンを多く人に打つ努力をしている。こういうことは気持ちだけでは絶対にできない。最初は、ワクチンそのものの入手ができるかどうかが問題になっていた。ワクチンが手に入ったとしても、それを保管する設備が必要だし、その部分でミスがありせっかく手に入れたワクチンを無駄にしてしまった、なんてことが報道されたりもしている。注射する人の確保も課題だった。資格がある人を動員したり例外的なルールを作ったりして、今なんとかそれをクリアしようとしているようだ。その他にも、予約するシステムの問題とか、会場の設定とか、会場までの交通手段や人員整理など、本当にさまざまことをしなければならず、それぞれに克服すべき課題がたくさんある。ワクチンと注射器があれば、どんどん接種できるわけではないのだ。
 芝居作りも同じである。舞台の上でライトを浴びて演じることだけが舞台ではない。そのライトの光を発する灯体があり、その灯体をどう使うかプランを作る人がいて、灯体を吊る人がいて、フェーダーを上げる人がいて、はじめて舞台が光であふれる。小道具も、衣装も、大道具も、音響効果も全部そうだ。そのひとつひとつが、同じ舞台をつくりあげる大切な要素であり、仲間なのだ

 それらすべてを支えているのは、一見演劇と関わりがないように見えるかもしれない「土台」だ。みんなが参加する大会を運営するためにはたくさんの会議や打合せが必要だし、みんながリハーサルのためにホールへ出かけるのだって公欠の手続きがいる。感染症拡大防止のためにさまざまな手を尽くさねばならないし、そのためにはお金の管理も必要だ。お昼ご飯をどこでどんなふうに食べるかとか、集合時間と解散時間とか貴重品の管理とか、まさしく荷物の運び方とか、数え切れないたくさんのことが、みんなの芝居作りを支えている。(そのかなりの部分を顧問の先生がみんなに見えないところでやってくれている。保護者の方々も)

 そういったことを大切にすることだ。何事も、当たり前のことなんかないのである。もちろん、全員が何もかもやる必要はない。人それぞれできることとできないことがあるし、だから役割分担がある。だけど、目の前にものが出てくるのを当たり前で当然と思うことと、作る人、運ぶ人のことを知っていて感謝の気持ちを持つこととは全然違う。自分自身だって、時にはものを作り、ものを運ぶのだから、お互いさまなのだと思う。それがチームだ。

 以前、芝居作りを進めていく上で大切なのは、ToDoリストとスケジュール表だと言った。ToDoリストというのは、やるべきことを箇条書きに書き上げたものだ。そこに書かれたやるべきことを、特定の日や時間に割り振っていくとスケジュール表になる。できれば、頭の中に置いておくのではなく、目に見えるようにしておいた方がいい。

 本番まであと10日。みんな、それぞれのToDoリストとスケジュール表を見直してほしい。直接芝居作りに係わることも、直接は関わらないようにみえる土台の部分も、ちゃんとやるべきことがイメージできているだろうか。まだまだあいまいなところがたくさん残している人もいるのではないかな。そしてそのやるべきことは、スケジュール表に反映されているだろうか。「いつかやる」「できるときにやる」は、結局できなくなる。あと10日というのは、そういう長さだ。スケジュール表に入れて、自分と約束をしよう。そして、その約束を守ろう。

 それぞれでそんなことができたら、みんなのものをつきあわせてみるといい。演劇部としてやるべきことに漏れはないだろうか。誰かがやると思っていて、結局誰もやらなかったじゃ困るしね。部全体としてのスケジュールは共有されてるかな。全員でやるべきことは、全員がやらないとやった人の努力が空しくなる。大事にしようね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (95)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://neverland-mf.com/modules/bacchus/tb.php/731

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ