NeverLand Musical Factory
SAKAI KAZUNARI
サイト内検索
演劇関係のブログなどへのリンクです。ぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 高校演劇へ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
  • カテゴリ 役者としての心構え の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

with BACCHUS - 続・当面の課題

続・当面の課題

カテゴリ : 
第1期 » 芝居作りのノウハウ » 役者の鍛錬 » 役者としての心構え
執筆 : 
KAZU 2004-1-9 11:00
 前号でスタッフについて書いたので、今度はキャストのこと。

 歌のオーディションをやるよってノミネート用紙を配り、翌日になったら驚くほど多くの数字を書いた用紙が戻ってきた。昨年書いたと思うけど、挑戦はしてほしいからこうやって「意欲にあふれた」ノミネート用紙が帰ってくるのは嬉しいはずなのだが、どうもそうとばかりは言えないようだ。正直言って、本当に歌えるのかって思ってしまう。

 昨日のミーティングで、音響担当の方から「今月中には歌えるようにして」なんて話があったけど、思いきり甘いのである。そんなことを言っていたら歌い手を選べない、選べなければ出演者が決まらない、決まらなければステージの形を作るのは無理だ。振り付けすらできないのである。だから、どの曲に誰が出るかは来週中には決めなければならないし(全曲というわけにはいかないとは思うが)、だからこそ無理をして楽譜や音取り用のソースが休み前に配られたのである。どのような指示があろうと、そのくらいのことは感じ取れなくては困るし、それ以上にああいう時期に自分なりに練習して歌えるようにしておこうって意識がなければ話にならない。これは前提条件のお話である。
 オーディションで見たいものは3点あるのだ。ひとつは能力、ふたつめは向き不向き、3つ目は意欲やその反映としての努力である。ひとつ目は当然であろう。ふたつ目もわかると思う。客観的に見て男性にはソプラノの声は出せないといった側面もあれば、この登場人物は痩せていないといけないといった演出家の主観に基づく側面もあるだろうし、能力や努力でなんとでもなる部分もある。実際それほど多くもない人数で芝居をつくっていれば、あれこれ言うような贅沢が許されないってこともあるだろう(それを言うなら、オーディションをやるって時点でかなり贅沢なのだ)。意欲とか努力なんて言うのはたとえばプロならあんまり考慮しないかもしれない。そういうのは「ある」のが当たり前なのだし、はっきり言って血のにじむような努力の結果だろうが鼻歌混じりだろうが、結果がよければいいのだから。でもたとえば僕の中には、現状で同等であればより多くの努力をしてきた方、これからすることが見込まれる方を選びたくなる気持ちがあるし、演劇部という団体はそうでなければならないのだと思っている。

 で、ある台本の特定の役を選ぶ場合と、今回のように誰が歌うかを決める場合とでは、上記の3点のバランスは変わってこざるを得ないはずだ。少なくとも歌は、歌えなければ歌ではないのであるから、まず自分なりに自信を持って歌える状況でなければ、評価も判断もできないのである。だから、たとえば「台本を持って自分なり精一杯台詞を読む」ことだったら、もしかしたら何役もできるかもしれないけど(ホントかな)、歌に関していくつものパートに挑戦するってことは、本当にものすごいことなんだよ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3699)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://neverland-mf.com/modules/bacchus/tb.php/519

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

with BACCHUS とは

高校演劇部の顧問として、部員に向けて書いた「演劇部便り」です。演劇づくりに関するマニュアル的なものから組織作りのようなこと、個人的な想いを書いたものまで内容はさまざまです。一応ジャンル分けをしていますが、特定の項目についてお知りになりたいときには、単語で検索をしていただいた方が、興味ある情報を見つけやすいかもしれません。

2期に分かれています。第1期は2002年9月から2009年3月まで。少しでも高いところに登ろうと必死で自らを鍛えていた演劇部でした。「with BACCHUS」の内容もわりあいハードで、量もとても多いです。第2期は2013年から書き始め現在進行形です。動き始めたばかりの演劇部、演劇初心者がほとんどの部員たちにわかりやすいように書いているつもりです。

質問や感想などのコメントをお待ちしています。

カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のトラックバック
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホタ霹ャ、リ